珈琲の飲み頃

今日は珈琲の飲み頃のお話。

よく、「珈琲は煎りたてが一番美味しいので、一週間以内に飲みきれる量を買いましょう」とか
「2週間以内が美味しさのピークです」なんていわれていますが、煎りたてはあまりお勧めしません。
昨日のブログでも書いたとおり、熟成していきますし、煎ったばかりはガスが大量に発生しているし、味も落ち着いてない気がしますよ。
ガスが豆から出ていき、熟成するそうです。と、いううことはガスが抜け切らないうちは、密封しないほうが良いですね。ガスは2週間くらい出ているそうです。
煎りたての豆は少し隙間があるほうが良いようですね。
それから、粉にすると熟成しないでしょうね。果物なんかでも皮を剥いたら日持ちしませんよね。
コショウも挽きたてがいいでしょう?出来ればミルがあったほうがいいですね。
まぁ、価格や手間と味をどちらを取るかは人それぞれですからねぇ。

豆で常温に置いておけば熟成し、味の変化を楽しみつつ、焙煎した日から1ヶ月くらいは十分に美味しいレベルだとおもいます。味覚は人それぞれですから、ご自分で確認することがいいとおもいます。
砂糖入れるか入れないかも好みですから
「珈琲通は砂糖を入れないブラックで」なんて気にせずお好みで。
その時々の珈琲に合わせて、自分好みに楽しむのが通といえるのでは?
店をやっていてなんですが、私はまだまだ通には遠いかなぁ・・・。


テツ

珈琲の保存

豆の保存。よく「冷凍庫に入れた方がいいのですか?」と聞かれます。

結論から言いますと、「常温がいい」とおもいます。が、
最終判断は「好みの問題なんで、常温でも冷凍庫(お奨めしませんが)でもどっちでもいい」とおもいます。昔両方試してやってみたら自分は常温派でした。

なぜ常温で良いか?いろいろ理由はありますが、一番の理由は
「熟成するから」
えっ!?珈琲って熟成するの?とおもいましか?。
熟成するんですって、常温だとね。つまりは冷凍だと熟成しないのですね。
バナナに例えるとわかりやすいですかねぇ、だんだん黄色→黒い斑点→真っ黒と変わり、味もかわるじゃないですか。
冷凍庫入れたら熟成しないのじゃないかな?
じゃあ酸化しないの?早く飲まないと酸化するんじゃ?とおもいますか?
酸化していきますよ。豆の表面の油脂分は、でも油脂があるから、豆の中は外気から守られて熟成するみたいです。

だから、どっちの味が好みかですね。熟成した方がいいのか?しない方がいいのかは。個人の舌で判断して常温か冷凍か決めたらいいとおもいます。

まぁ、冷凍した豆をすぐに淹れたら、抽出じゃなくて解凍じゃないでしょうか?
それと、冷凍庫保存を薦める店ならば、冷凍庫に保存して保冷剤を付けて販売した方が親切な気がしますね。
続きを読む >>

チョコレートと一緒に

先日常連のお客様Fさんがチョコレートを買ってきてくださいました。
ありがとうございました。

3種類、少しビターなタイプ、フランボワーズ入り、オレンジピール入りがあり、
それぞれのチョコレートに合わせて珈琲を選んで飲んでみました。

ビターなタイプには、カカオの風味と程よい甘さがあったので
フレンチブレンド

フランボワーズ入りには香りが近いものがあり
モカ・イルガチェフ

オレンジピール入りには柑橘系ですから
パナマ・エレタ農園

と、まぁやってみたら美味しいこと!!

来月はバレンタインデーがありますし、その前にぜひ試してみては?
チョコレートだけじゃなく、珈琲も一緒に差し上げたらよりいっそう喜んでもらえるのでは?
そんな気遣いが出来る方は素敵だとおもいます。


テツ

最近デ・カフェが人気

最近デ・カフェが人気です。
当然ですが、私は妊娠しませんし、ついでに言うと夜はほとんど珈琲を飲まないし、
デ・カフェがこれほど売れるとは思っていませんでした。
ですが、珍しいからなのか?普通の購入されるお客様が増えてきました。
まぁ、味も普通に美味しいとおもいますしね。

最近人気で〜す。と、書いといて申し訳ないのですが、焙煎した珈琲が13日分が少なめです。
13日に届き→ハンドピック→自宅にて夜、焙煎となります。
14日には店頭に沢山ご用意できますが、13日売り切れてしまいましたらごめんなさい。


テツ

フレンチブレンド

SEKIYAの2つ目のブレンド
『フレンチブレンド』
コレはSEKIYAブレンドよりも若干苦味を強調しています。
けれども、苦味が最初に感じるだけで、後を引きません。
珈琲に飲み慣れてくると、苦味を心地良く感じる人が多いです。
そんな方々にオススメ。たぶんカフェ・オレなんかにもオススメ。私は牛乳飲めないので、試してないけれどもきっと好いはず。
誰か試してコメントしてください。

フレンチブレンドは4種類をブレンドしています。
フレンチローストって煎り具合です。

天性の感か!?はたまた偶然か!?美味しくできちゃった気がします。

名前のせいか?濃いフランス料理の後やフランス菓子(オペラってチョコレート菓子だっけ?)なんかに好いかもしれませんねぇ。
朝の寝起きや、徹夜覚悟の仕事前にガツンと飲むのも好いかも。

かもかも…言うのは、お客様自身が判断するところですから、珈琲なんて、美味しいければいいんじゃない?


テツ

モカ

明日11月3日(祝)営業しております。


珈琲屋なのに…珈琲に関するブログが少ない。
やれやれ。とは、おもってはいますが、おもうだけ。

今日は久々に豆の紹介。
『モカ・イルガチェフ』
コレはもう…美味しいです。まぁ美味しいか?どーか?判断されるのはお客様ですが。
ブラジルが好きだろうが、マンデリンが最高とおもっていようが、グアテマラじゃなきゃだろうが、ブルマンが無いと生きて行けなかろうが…。
美味しいとおもいまーす。

昔、行き着けのカフェで紅茶の『キームン』ばっかり(そこ紅茶専門店的なカフェだから)飲んでたのね。
で、ある日、お茶番頭がが「コレ、ナントカ賞を受賞したキームンなんですよぉ」と出してくれた紅茶がっ!!すんごい美味しいぃ〜〜〜かったのですよ。
それは、ダージリンが好きだろうが、アッサムがすきだろうが、皆美味しいぃ〜〜〜と言ってしまうような美味しいぃ〜〜〜さでしたよ。

で、後々にに彼から「自分は珈琲についてはよく知らないけれども、サイトー君の目先す、美味しい珈琲ってどんなんですか?」
と、尋ねられ『あのキームンですね。』って言ったら
「けっこうヤラシイね。」って言われました。
うちの珈琲?私が?どっちも?まぁヤラシイですよ。


テツ

パナマ・エレタ農園その2

昨日のブログ、パナマ珈琲豆のことについて書いたらこんな事実が判明しました。

フルーツのような香がする(グァバ、マンゴー)。で柑橘系じゃぁないよ。
と書きましたが。なんと現地の農園に柑橘系植物を植えている
との情報が問屋さんよりありました!


証拠写真です。
なんでも、農園の人によると、
「この香が珈琲の香味に影響するのだ。だからわざと植えているのだ。」
と、いうようなこと。
しかし、科学的根拠はないそうです。どうなんでしょう?
焙煎しますからね、柑橘系の香するのでしょうか?
これは、ちょっとソムリエ並みに鼻を鍛えて、香を探してみます。
珈琲は奥が深い・・・つーか、私の嗅覚や実績がまだま〜だなのですね。

ありがたい問屋さん。でもね、ビジネスパートナーに、
いつものあんなブログこんなブログ見られてていいのでしょうか?

問屋様のK様、こんな私ですが、今後ともよろしくお願い致します。



テツ

パナマ・エレタ農園

本日は珈琲のお話。

SEKIYAのメニュー『パナマ・エレタ農園』はパナマ運河で有名な国
パナマです。
SEKIYAの扱っている商品で、唯一といっていい、
酸味を感じられる商品です。
けれどもイヤな酸味ではないですよ。
よくね

「酸っぱい珈琲は嫌いです。」

と、聞きます。まぁ当然です。
酸っぱいのと酸味が有るのは違います。
おそらく酸っぱいと感じられるのは、煎りむらがあるってことですね。
中まで焼けていない。お肉焼いて、ミディアムレアは美味しいかも
しれませんが、珈琲はミディアムレアなんて、ダメな焙煎ですから。

美味しい酸味とは、フルーツのような酸味を思い浮かべていただくと
よいかもしれません。柑橘系のじゃぁないですよ。
SEKIYAでパナマを飲んだHさんは、
「この香り、マンゴーかグァバの香りがする…。」
と、申しておりました。
確かにそうなんです。この珈琲フルーツのタルト、パウンドケーキや
フルーツを感じるカカオ多目のチョコレートなんかに合うとおもいます。
ケーキを食べ、珈琲を飲み幸せなオーラに満ちている…そんな姿に
ウットリです。
是非とも女性の皆様、ケーキ持参でご来店ください。
私が珈琲淹れますから、一緒に食べましょう。
男性のお客様は珈琲豆買って、ケーキだけ置いていってください。
長居されるとウットゥシィです。大丈夫、顔には出しませんから!

まぁ、冗談はさておき、珈琲と共に素敵な時間をお過ごしください。



テツ

デカフェ始めました。

デカフェとは珈琲に含まれているカフェインを抜いた珈琲です。

夜、珈琲飲みたいけれど、眠れなくなるので、控えている方、
妊娠中で珈琲を飲みたいけれど、カフェインを気にして飲まない方、
そんな方々にオススメです。
豆はコロンビア産で、生豆でドイツに持っていき、ドイツの工場にて
カフェインを除去され、
その後日本に入り、生豆で仕入れ私が普通に焙煎します。
肝心の味わいですが、ほとんど違いは感じられません。
淹れ方も普通です。
コレは本当に素晴らしいです。

SEKIYAが取引している問屋さんは、面白くていろんなことをやっています。
こないだは、珈琲生豆を草津温泉に漬けてきたそうです。
「福島だったら、雪に貯蔵するとかしますよ。」と申してました。
いつの日か、想像を絶するような珈琲が出来るかもしれませんね。


テツ
続きを読む >>

ブラジル

言わずと知れた?一番有名な珈琲豆生産国ブラジル。どこの珈琲販売店でもあるでしょう。
SEKIYAで扱うブラジルを有機栽培の物に変えました。

有機栽培=通常栽培よりも美味しい!!というわけではありません。
ハッキリ言って、前のブラジルの方が味わいは豊かだし、安いし、ハンドピックで取る量も少ない。
(有機栽培は多い。当然です、殺虫剤や農薬を使わないのですから)
だったら、売る側からも、買う側からも良い気がします。

美味しいければいいんじゃない?に反してるんじゃない?
そうですな、もっと美味しいブラジルは他の店に行けば手に入るとおもいます。
では何故に扱うのか?

味で選ぶ人、身体に気をつかう人、いろんな方に選択の幅を持っていただきたいのです。
このブラジルは、優しい土の味わいがあります。
(私が土を口に入れたことがあるわけではありません。)
土の感じ、ブラジルらしい苦みと甘味、これら舌で感じる味覚とは別に、身体に優しいのです。
数年後にもっと美味しくなるはずです。

近いうちにデカフェ(カフェインレスコーヒー)コロンビアも扱う予定です。
こちらは、「珈琲は好きだけど、夜眠れなくなるのが困る」方や妊娠中(カフェインが悪い影響がある、との根拠はありませんが)でカフェインを気にされる方、味わいは通常の珈琲との違いは殆どわからないとおもいます。
(よろしければ試飲できますので。)

TO YOU COFFEE&GOOD TIMES

できる限り沢山の皆様へ伝わるようにやっていきたいのです。
続きを読む >>